上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝のニュースで「早期教育の落とし穴」のことについて放送されていた。

習い事を幼い頃からさせることで、子どもが欝になったり、キレやすい子どもになる。
たとえば、0歳の頃から英語週5日習っていた子どもが2歳になった頃から拒否反応を示し、
幼稚園に入園したとき、日本語が理解できない為、周りの子とコミュニケーションが取れず、
暴力を振るい1ヶ月で退園をよぎなくされたとのことだった。

脳の発達はまだ解明されていないことが沢山ある。
そのニュースでは、運動スキルと音楽スキルには効果があるかもしれないが、
そのほかは未知数であるとのことだった。
それよりも感覚統合。
五感を使って、色んな経験をすること。

が大切。

六感を育てる寺子屋おるごーる♪の進んでいる方向、それは子どもが主体であること。
五感を使った経験をすることで、六感が育つ。
私たちが活動している方向性が間違っていないということが分かり自信をもちました。

子どもの自発的な行動を育てるにも、こちら側が働きかけることも大切。

遊びの中にすべては隠されている。
楽しい事の中に意味が隠されている。
そんなプログラムをこれからも作って行きたいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。