上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日に今受講しているリトミック協会の講座に参加してきました。
テーマは絵本を使ったリトミック。
今、私たちがしていることと同じような内容。
参考になることも沢山ありました

後半には福音館の相談役、松居直さんの講演会でした。
専門学校時代に一度聴いた事があり、感動した記憶が。
今回も、感銘を受けました。
大正生まれとおっしゃる松居さんですが、とっても若々しく、そして、キラキラした目で
語られていました。

途中で何度も涙が出ました。
松居さんが絵本に携わるきっかけ、「こどものとも」を出版することになったきっかけは、
お母さんでした。
松居さんのお母さんは忙しく、兄弟の5番目だったので、
お母さんと関わる時間は少なかった。
けれども、絵本を読んでくれる時間だけはお母さんを独占することができ、
愛情を感じることが出来た。

私も同じでした。母は働いていて忙しかったけれど、寝る前や、
お休みの日にはいつも絵本を読んでくれた。
時には、読みながら母が先に寝てしまうこともあったけれど、
それでも、嬉しかった。
そして、母が私のためにしてくれたことを、私は多くの人に伝えたいのだと改めて
思いました。
それが、とっても良いものだから。
気づいた人がやらなければならない。
それが素晴らしいものだと私は知っているから。

絵本は本当に素晴らしい。そして、詩の世界も。
今になって、詩の素晴らしさを感じます。
きれいな日本語、リズム。
短い中に素敵な世界が広がっています。
松居さんも、子供たちにこそ詩を読むべきだとおっしゃっていました。
おるごーる♪でも、毎回一つ読んでいます。

これからも、読み続けていきます。


最近忙しくて、息子にゆっくり絵本を読んであげていなかったな・・・。
これから、毎日少しずつ読んであげなければ・・。

日々、学びです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。